集団教育の弱点は生徒の自主性を前提にしているところ

たとえば、勉強していてほんの小さな問題が解らないとき、それが自分ではどうしても解決できないというときもあるものですよね。学校や学習塾で授業の後に、先生に質問しに行けばいいのだけれど、そこまでやるのも気が引ける。そして、その小さな問題は解らないまま放置されるわけです。自分から進んで問題を解決しようとするお子さんは、おそらくそんなに多くないのが現状ではないでしょうか。スタイルを取り入れているところもかなり多くなっています。大人でもなかなかできない事なのですから、それをお子さんに強要するのはどうでしょう。ここに集団教育というものの一つの弱点があります。この弱点をなんとかカバーしようと、学校では担任だけではなく副担任をつけたり、学習塾では少人数制を採用したり、いろいろと努力はしています。しかしながら、それでも自分から進んで先生や講師に相談する生徒は少ない。やっぱりこれは正確の問題なのでしょうね。

1対1の授業がもたらす大きな成果というもの

そうした傾向の中で改めて見直され始めているのが、家庭教師という学習スタイルなのですね。今、教育手段としてはかなり人気です。広告もかなり多く出ていますよね。たとえばテレビのコマーシャルでも大々的に広告しています。家庭教師の人気の理由は、何も広告の良さだけではありません。やっぱり生徒と先生の1対1の授業というものが高く評価されているのですね。1対1の授業ならば、その生徒が解らないところを先生は明確につかめるし、それが分かればどうやって教えたらいいのかを考えることができます。また、その生徒に一番適切な授業が行えるのも大きなメリットとなりますよね。ここが人気の理由です。人というものは1人1人独自の個性を持ち、価値観だって違います。家庭教師は自分の受け持った生徒だけを見ていられますから、その生徒の性格や能力なども把握できる。これは大きいですよね。

集団教育では望めない教育というもの

学校の授業の中で解らないところが出てきたとき、たとえそれがほんの小さなことであっても、家庭教師はけっして見逃しません。その生徒に分かりやすく教えることができます。解らないことを克服することができれば、それは自信につながるものですよね。これは大人だってそうです。自分に自信が持てれば、人はさらに大きく成長できる。本来、勉強というものはこうあるべきなのでしょう。これは学校や学習塾の集団教育ではけっして望めないことです。1対1の授業では、何も教科書や問題集を教えるだけではありません。時には勉強以外のこと、たとえば個人的な悩みなども相談できるということもありますよね。

HPでは一部の先生方を写真と共にご紹介させて頂いております。 無料体験授業のお申込みも承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 家庭教師のLNSには日本全国の家庭教師が登録されています。 兄弟・姉妹でご利用頂く場合は「兄弟割引」が適用されます。 中途解約をされる場合でも一ヶ月前にご申請頂ければ解約の際に料金を頂くことはございません。 家庭教師選びに困ったら実績のある家庭教師のLNS

ピックアップ記事一覧